世界のお茶をフランチャイズで安心安全に提供 お茶の専門店ルピシア

公開日:2015年05月23日
8f63f80ea67a63c1

国内に147店舗 台湾やオーストラリア、米国、フランスにも

紅茶、日本茶、ウーロン茶はもちろん、オリジナルのブレンドティーなど、あらゆるお茶を取り扱っているお茶専門店の「ルピシア」を展開している企業です。国内に147店舗あるほか、国外では、台湾やオーストラリア、米国、シンガポール、フランスに店舗があり、世界規模で店舗展開しています。

お茶を販売するだけでなく、お茶のさまざまな楽しみ方やお茶が健康に良いわけを紹介したり提案したりして、「MAISHA」、「たまごクラブ」、「and GIRL」、「MORE」などの各雑誌で紹介されています。

独自に異物除去のクリーニング 自社工場で茶葉から一貫生産

ルピシアの強みは、産地直送の安全でフレッシュな茶葉を素材にしていることです。日本はもちろん、インド、スリランカ、中国など世界の産地から茶葉を厳選して直接買い付けています。また、茶の木以外の植物からから作られるハーブティーや健康茶もそろえています。

輸入する茶葉は、通関時に農薬などの検査を受けるだけでなく、輸入前に民間機関で独自検査をし、国で定められた安全基準を満たしたものだけを使っています。この茶葉を異物除去のクリーニングをした後、ブレンドして製品化まで自社工場で一貫製造しています。

スイーツや蜂蜜ティーハニー、ティージャム、茶器など多彩な品ぞろえ

お茶の販売だけでなく、お茶によく合うスイーツや茶葉を良質の蜂蜜にブレンドしたティーハニーや、果物を使ったティージャムなどを開発し、茶器やティーアクセサリーなど、お茶にかかわる商品をそろえた多角的な商品構成も売りです。

また、店舗それぞれが地域の特色を出した商品開発に取り組んでいます。一例が、名古屋市の大型店に進出した店です。名古屋城のシンボル「金の鯱(しゃちほこ)」をイメージし、紅茶に金箔をブレンドしています。 こうしたこだわりの商品の数々が、ルピシアのフランチャイズ展開を推し進める原動力になっています。