葬祭のフランチャイズ「ティア」でFC経営に参入する

公開日:2015年06月30日

8e6e71057c05309a

葬祭の「ティア」フランチャイズ経営・稼げる年収

日本社会が成熟するにつれ人口の高齢化が進行し、それに伴う変化は留まることを知りません。現在1.7兆円程度の葬儀業界の市場規模は、2038年には3兆円にまで達することが予想されています。

新規参入も含め多数の業者がひしめく中『ティア』は、"葬儀業界の慣習にとらわれない経営"をコンセプトに事業展開してきました。

顧客目線で葬儀料金の詳細を分り易く設定「安心して葬儀が行える仕組み」を構築して顧客の信頼を勝ち取り成長してきました。全国に70以上の葬儀会館をフランチャイズ展開し順調に売上を確保しています。

安定年収をチェック葬祭フランチャイズ「ティア」の方法とは

葬祭FC「ティア」本部は「ティアアカデミー」という研修施設を設立しています。

葬祭事業のノウハウと経験を注ぎ込んだ独自カリキュラムによる教育により、葬祭のプロフェッショナルである"セレモニーエキスパート"を育成。葬儀前には遺族と時間を充分にかけて打ち合わせを行い、心を込めて故人を偲ぶセレモニーの進め方を提案しています。

こうした丁寧な取り組みを行う経営方針と、きめ細やかなサービスが葬祭FC「ティア」の評価を高め、FC店舗オーナーの経営にも好影響を与えています。

年収安定!!出来る本部サポート葬祭FC「ティア」

葬祭業は他の事業と比較して流行の影響を受けることがなく、大きな変化を伴わない業界です。店舗の更新に伴う出費が嵩むことはありません。

また使用する物品はセレモニーのたびに発注するので在庫リスクを避けることになります。FC店舗の運営開始に向けては葬祭FC「ティア」本部が物件の選定、会館の「レイアウト作り」を指導。

スタッフの「採用」や「人材育成」でも支援していきます。備品の納入業者の選定など葬祭業経営のノウハウを提供してFC店舗オーナーの経営を支援します。