新しいファーストフード・スープ専門店「ベリーベリースープ」フランチャイズ開業の魅力とは

公開日:2015年04月10日
20150416193222

具材が豊富に入ったスープをファーストフードとして提供

ハンバーガーやフライドチキン、ドーナツなどのファーストフードは時間がないときや、出費を抑えたいときの利便性が高く、幅広い年代の消費者が高い頻度で選択する外食です。

一方で消費者の味に拘る指向は多様化してきており、これまでと同じファーストフードでは満足できないという需要も生まれています。

ベリーベリースープはスープ専門のファーストフードを提供する比較的新しい業態で、そのような消費者のニーズに応えることができます。洋食のコースに添え物として付いてくるようなものでなくスープだけで満腹になる具材が豊富に入ったスープを提供しています。

健康指向の消費者のニーズに応える野菜タップリのスープメニュー

飽食の時代において消費者の関心は健康増進や美容にも向けられています。ファーストフードはジャンクフードという見方をされることもあり、メタボ解消やダイエット・美容と対極にあるイメージは払拭できません。

ベリーベリースープのスープメニューはローカロリーで野菜がタップリ摂取できるものが取り揃えられています。健康や美容を気にしている若い男性や女性、子供の野菜不足を心配する親世代、メタボが気になる中高年など幅広い年代の消費者に訴求力を持った商品であるといえます。

フランチャイズ開業と運営に力強い本部バックアップ

飲食店勤務経験がない方でも開業が可能です。また個人・法人での出店もできます。企画段階からオープン、その後の運営までを広くカバーする本部のバックアップ体制などをフルパッケージで利用できます。

また各FC店がオリジナルスープやオリジナルデザートなどを独自に開発して提供することにも融通性を持たせていますので、オーナーの拘りを反映する経営が可能です。