行列もできる有名ラーメン店『優勝軒』のフランチャイズ

公開日:2015年05月26日

De8571fd99546ecb

意外にあっさりしたスープに極太ストレート麺が特徴

「茨城大勝軒直系」と銘打ったラーメンのチェーン店『優勝軒』は、魚系のダシと豚骨ダシを合わせたスープに、ごく太めのストレートな麺、やや厚切りのしっかりとしたチャーシューなどが特徴です。トッピングによっては、丼に山盛りになるほどのボリューム満載となります。それも人気の秘密の一端でしょうか。店舗は関東や東北エリアを中心に展開しています。フランチャイズの展開は、2010年からなので、短期間に増えているといえるでしょう。

ノウハウ、システム、イメージに共感しルールを守るオーナーを

『優勝軒』のフランチャイズは、『優勝軒』のノウハウ、システム、イメージについて共感して、そのルールを守れるオーナーのみが契約できるといいます。それはブランドの価値を守るということと同時に、利用してくれる顧客に、期待値を超えるサービスを提供するために必要な要素だといいます。もちろん、地域特性を踏まえることは大切ですが、チェーン運営で重要なのは、要するに「統一性」と「柔軟性」のバランスがとれていることだそうです。

本部と加盟店の役割を理解することが経営成功のカギ

また、本部と加盟店についての関係性や役割分担も明確に規定しています。本部は、これまでラーメン店の経営のノウハウ、商品開発、ブランド構築などに、多くの時間と費用を費やしてきました。それらは加盟店で行うことは困難で、その部分を本部が肩代わりしていると考えたらよいでしょう。そうした土台の上で加盟店は、それらを活用することが許されるのです。本部は本部の役割を果たし、加盟店も加盟店の役割の中で最高のパフォーマンスを行うことが求められます。