札幌ラーメンフランチャイズ「味の時計台」開業の秘密とは

公開日:2015年08月11日

Ffbdb5fc535455e2

注目度NO.1「味の時計台」FCオーナーの安定経営とは

「サッポロこだわりラーメン」として地元のラーメンファンや国内外の観光客にも人気の旨い店。「味の時計台」は、45年間に亘り地道にラーメンの美味しさをひたすら追求。

札幌市内に拠点をおく「時計台観光」がフランチャイズ展開を手がけ順調に店舗網を拡大し「ラーメン激戦区」といわれる札幌市薄野の新ラーメン横丁を皮切りに今では、札幌、旭川、帯広、釧路など道内にある43店舗の他、東京都内、沖縄まで全55店を展開しています。フランチャイズ本部は新規開業オーナーを募集中です。

夢に終わらせないフランチャイズオーナー開業「味の時計台」の安定度

自慢の自家製麺は青森県にある自社製麺工場で生産されています。厳選された小麦粉を使用し、つるつるとしたのどごしの良い縮れ麺が「味の時計台」ラーメンの特徴の一つ。豚骨や野菜を長時間煮込んだスープとの相性が絶妙です。

また北海道を感じさせるコーンやバター、ホタテのトッピングも食欲をそそります。醤油ラーメンのタレは二年間熟成させた生醤油をじっくり煮込んで完成させたもの。 青森県産のにんにくとのコラボが美味しさのハーモニーを奏でます。メイン素材は青森にある自社製麺工場で加工して全国加盟店に配送されています。

羨ましすぎるオーナー開業「味の時計台」がっちり支える本部サポート

さっぽろラーメン専門店「味の時計台」が提案するプランはFC方式での事業展開ならではのメリットが詰め込まれています。セントラルキッチンから半加工済みの主要食材を各店舗へ配送されるため標準化されたオペレーションにより効率的運営が可能です。

アルバイター主力の店舗展開が可能で省力化と経費削減が実現、高収益業態となっています。また既に確立された札幌ラーメン、さらに「味の時計台」の知名度が集客に効果を発揮。開店準備から、日常運営までをカバーする研修体制、フォロー体制が構築されているのです。