不況の影響を受けない買取ビジネス。「大黒屋」のフランチャイズとは?

公開日:2015年03月25日
20150331114317

小スペース!在庫なし!で生み出す確実な利益

買取ビジネスの市場を見ますと、1994年には約1500億円であったものが、2020年には1.7兆円を超える見込みです。この間日本は、バブル崩壊、リーマンショックなど不況のどん底にありました。

この時代でも3倍の成長を遂げられたのは、「買取ビジネス」がいかに不況に強いかの証明といえます。加盟金0円から始められる『大黒屋』のフランチャイズは、どんな時代でも確実に収益を得られる、魅力的なビジネスです。

来客数が1日5人でも十分な収益!

『大黒屋』はわずか10坪のスペースから開業OK。しかも在庫を持たなくても始められます。まったくの未経験者の方でも、技術習得の勉強をした結果、手取り額が100万円を超えるフランチャイズ店のオーナーが何人もいるとか。

創業から30年以上かけて蓄えた『大黒屋』のノウハウと実績が生み出した強みですね。

『大黒屋』のビジネススタイルはいたってシンプル。お客様がお持ちになった貴金属やブランド品、チケットなどを査定して買取り、それを売却することによって利益を得るシステムです。

フランチャイズの一番よい点は、開業資金が少額ですむことと、人件費がかからないこと。そして何といっても『大黒屋』の扱う商品の単価は高額です!1日の来客数がたとえ5人でも十分に利益の出る「高収益ビジネス」なのです。