落ち着いた珈琲店「アニマルフレンド犬友社」フランチャイズ開業で開業

公開日:2015年07月18日

25322ce1d1ecdd1e

FCオーナーの開業はどこまで?(フランチャイズorブランド)が気になる

「アニマルフレンド犬友社」FC本部では新規開業オーナーを募っています。同社はペットの火葬から納骨までの一切のプロセスを請け負うペット葬儀業を展開。家族の一員として生活を共にしてきたペットとの別れを厳粛に執り行うサービスを顧客に提供しています。

ペットが死亡した時の従来の取り扱いは「モノ」として処分されていました。家族として相応しいお別れの時間を持つことができるよう人間の葬儀に準じたセレモニーを行い利用者に感謝されています。

魅せるオーナー開業「アニマルフレンド犬友社」の繁盛の理由

「アニマルフレンド犬友社」の葬儀セレモニーサービスでは1匹1匹に充分な時間をとり個別で火葬しています。他のペットとの合同火葬は行っていません。

移動火葬車で火葬できる大きさは、軽火葬車で10kg(種類及び、体重により料金が変わります)。合同埋葬は専用の霊園が用意されています。顧客はいつでも霊園を訪問して亡くなったペットを偲ぶことができます。新規開業店舗には移動火葬車の斡旋、霊園利用などのサポートが用意されています。

市場規模の拡大が望めるフランチャイズ「アニマルフレンド犬友社」

「FCのドックフレンド犬友社」では人間とペットが共存する時代に避けては通れないペットの死を飼い主とペットの別れとして捉え、時間をかけてセレモニーを行い飼い主が現実と向き合うことができるようサポートをしています。

長らく続いているペットブームから類推すると市場規模が拡大する分野として安定した開業・経営が望めます。またペットを亡くした人に寄り添うことで感謝され、やりがいを感じることができるビジネスの一つでもあります。