注目のフランチャイズ!ペットと供に生きる時代の「アニマルフレンド犬友社」

公開日:2015年04月13日

Fb9544706a8a0bb2

大切な家族の一員になってきたペットの存在

現在は犬や猫などのペットを家族同様に愛して人生を供に歩むことに生き甲斐を感じている人が増えてきました。
特に少子化や高齢化という社会においてはいつも側にいてくれるペットは特別な意味を持ちます。

このような状況から考えるとペットは今後ますます重要になってくるのは間違えありません。フランチャイズ「FCのドックフレンド犬友社」はこのようなペットと供に暮らす人へのサービスをビジネスとして展開しています。

大切なペットの埋葬をトータルサポートするビジネス

残念ながら生き物であるペットはいつかその生命を終える日を迎えます。
かわいいペットが亡くなった時には人間と同じようにお葬式をあげてきちんと供養してあげたいと願う飼い主は少なくありません。「アニマルフレンド犬友社」ではそのような飼い主の要望に応えるべく、ペットの埋葬をトータルでサポートしているフランチャイズです。

実用新案特許を取得した移動火葬車によるお迎えから、火葬、納骨と言うセレモニーをはじめとして、仏壇、線香、位牌といったペットのためのメモリアルグッズの販売も手掛けています。

ペット関連のサービス業の需要は今後さらに拡大する見込み

現在では飼い主がペットのためにお金をかける時代になりました。人間並みに健康や美容を考えた高級なエサ、ブランドの首輪やペット衣類、お散歩用のバギーなどを見ればこの現象は一目瞭然のはずです。
フランチャイズの「FCのドックフレンド犬友社」ではこのようなペットと共存する時代に不可欠なペットの死に焦点をあて、飼い主とペット両方が満足できる最後の時を迎えられるためのサポートをしています。

ペット需要から大変将来性がある分野であると同時に、人とペットの触れ合いも感じられることから、やりがいのあるビジネスでもあります。