アルコール飲料配達業FC「酒のソクハイ」開業の訴求力

公開日:2015年07月13日
Beb3601c610c3515

「酒のソクハイ」フランチャイズオーナー開業が気になる

「酒のソクハイ」FC本部は新規開業フランチャイズオーナーを募集しています。2002年6月に松山1号店を開設したのち全国に49店舗を展開する成長ぶり。

「酒のソクハイ」とは顧客をバー・クラブ・居酒屋等の料飲店に絞り、営業時間中である深夜の注文を受けて1本からのアルコール飲料配送を請け負うサービスです。

「酒のソクハイ」FC本部は各店舗を歓楽街の中心に近い場所に立地させ半径100m以内の料飲店をターゲットとして成り立つ事業に育て上げています。

アルコール飲料配達業FC「酒のソクハイ」の特徴と魅力

「酒のソクハイ」で用意するアイテムは料飲店が店舗で使用する業務用商品に限定されています。長年の経験で培われた収益を生み出す在庫リストは8000種類。

ソクハイ店舗は、料飲店の「お酒の倉庫」です。深夜の営業中にお客様が珍しいお酒を注文した時、一本からすぐにソクハイ、配達するのです。料飲店は在庫リスクと、売上ロスがない効率的運営が可能となります。

安定開業に好影響を与える多彩なサポート「酒のソクハイ」

「酒のソクハイ」には、加盟金・保証金は不要です。また本部への売上ロイヤリティーも原則必要ありません。加盟店の仕入額の約半分を本部より仕入れることが義務付けられます。

設立20年来の仕入実績で培われたノウハウと、全国に2,000以上の取引先を持つことで低価格で多品種のアルコール飲料を加盟店に提供することができます。 オープン約1週間前から本部よりスーパーバイザーが派遣され開店までの準備・指導を行ないます。