リラクゼーションの「らく~ね」 首都圏でフランチャイズ展開

公開日:2015年05月18日
32ed17000e4d648b

女性のお客が入りやすく、女性スタッフが働きやすい店

千葉県を地盤にリラクゼーションサロン「らく〜ね」を展開しているのが、「ingエンターテインメント」です。平成14年に設立以来、リラクゼーション30店舗、岩盤浴2店舗を展開しています。特筆すべきは32店のうち女性オーナーの店が9店もあることです。女性のお客が入りやすく、女性スタッフが働きやすい店作りにも取り組んでいる会社です。

事業内容はリラクゼーションサロンだけでなく、岩盤浴施設や飲食店、リラクゼーション整体スクール運営にも取り組むなど、幅広い企業活動をしています。

大型店などに出店 7坪でも開業可能で広い店舗は不要  

フランチャイズの出店場所は、大型ショッピングセンターやスーパーマーケット、ディスカウントショップの一角など、大勢の人が集まる場所が多いようです。それでは店舗の賃貸料が高くなるのでは?という疑問がわくかと思いますが、それほどのスペースが必要なわけではなく、7坪くらいから開業でき、15坪もあったら十分です。

フランチャイズ加盟金は、出店場所や広さで差があり、20万円から50万円程度で、これに保証金もかかります。開店時の設備や内装費用は250万円から350万円が目安です。

スキルアップ研修、FCオーナー会議などで最新情報を収集

決して安い初期投資とは言えないかもしれませんが、本部によるスーパーバイジングのサポートのほか、スキルアップ研修、フランチャイズオーナー会議で最新情報を収集できるなどのメリットがあります。

起業したオーナーには、まず店舗スタッフとして働いてから独立した人が多いようです。スタッフとして技術やノウハウ、そして理念を学んでの独立。理想的な起業パターンです。社員が独立起業する会社というのは、その業態に魅力、あるいは「うまみ」がある証拠といえます。