ワオ・コーポレーションの展開する「個別指導アクシス」で学習塾のフランチャイズを

公開日:2015年05月26日

Fe22d219aeae7983

学習塾経営なら「個別指導アクシス」のフランチャイズが有利

少子化が進む一方で、ひとりの子どもに大きく期待を寄せる保護者は増えており、子どもひとりにかける学習塾費も年々増加。特に個人別対応でがきる「個別指導塾」のニーズは逆に大きく高まっています。

学習塾間の競争も激化していますが、「個別指導アクシス」は、小・中学生の補習層だけでなく、成績上位層や高校生の大学受験まで対応できるので、補習層しか対応できない塾が多い中、格段に幅広いターゲット層を集客できます。

「能開センター」の教育ノウハウを「個別指導アクシス」にも活用

幅広いターゲット層を集客できる理由は、「個別指導アクシス」の母体企業「株式会社ワオ・コーポレーション」が運営する進学塾「能開センター」の教育ノウハウを有効に活用している点。

40年以上の信頼と実績ある「能開センター」の教材、入試分析データ、受験指導法などの教育ノウハウを「個別指導アクシス」でも取り入れることで、小学生・中学生・高校生の全学年、全教科、全レベルに対応することができます。

「個別指導アクシス」のあらゆるニーズに対応する「多彩な学習スタイル」

また、「個別指導アクシス」では、一人ひとりの目的に合わせた「多彩な学習スタイル&豊富な商品」を提供できることが大きな強みです。

先生による1対1型、1対2型の個別指導はもちろん、小学生向けの100段階スモールステップ式の少人数指導「ワオスタディー」、上述の「能開センター」のスーパー講師による「映像講座」、東大生・京大生など有名国立大学生による「オンライン個別指導」など、単一商品しかない他塾が多い中、強力に差別化を図っています。