宅配サービスでピザとお好み焼FC「ピザポケット」で他店と差別化

公開日:2015年08月28日
59cca3cc02225035

「ピザポケット」が示す新規開業フランチャイズ店舗の安定度とは

「ピザポケット」は奈良県を発祥の地として首都圏・近畿・中四国・九州にFC展開しています。メインメニューのピザはバリエーション豊かに30種類以上を取り揃えています。その他にはポークやチキンを使ったボリューム感溢れるサイドメニュー、ドリンクメニュー、デザートメニュー。

そして特筆すべきは9種類のお好み焼メニューもラインアップ。ファミリーの全年齢層をカバーする品揃え。エリアの消費者ニーズを掴んだ戦略で人気を呼んでいます。「ピザポケット」はフランチャイズ・オーナーを募集中です。

オーナーに安定経営をもたらす「ピザポケット」FCの秘密とは

「ピザポケット」のサイドメニューは鶏肉、豚肉、じゃがいもを主な食材として展開しています。豚肉はミニフランク、鶏肉はナゲット、醤油麹の竜田揚げ、ばりうまワイルドチキン、ポケカラからの全5種類と、ポテト2種類。セットメニュー、ファミリーセットが取り揃えられています。

ピザ、お好み焼どちらであっても楽しむことができるよう工夫されたメニュー構成となっているのです。

幅広い世代に対応して売上が楽しみなFC「ピザポケット」

「ピザポケット」は首都圏・近畿・中四国・九州地方に合計67店舗が展開していますが、福岡県での店舗数が多く他の地域では加入店0の場所もあります。フランチャイズ加盟に際しての競争率は高くありません。

ユニークな品揃えによって、類似業態の他店との差別化が明確で、これまでの既存店の味に物足りなさを感じている顧客や、高齢者層の囲い込みに期待ができるフランチャイズ・ブランド。幅広い年代層を取り込むことによって一軒あたり単価のアップも視野に入ります。