『ベンリー』は将来性あるトータルライフサービス業のフランチャイズ

公開日:2015年04月22日

20150424193413

サービスメニューの標準化と間口を広げるチェーン店化

細かな困りごとでも対応してくれる便利屋さん。高齢化社会を迎えた日本では、ますます需要が見込まれる業種ではないでしょうか。ところが、これまでの便利屋は個人経営のものが多く、サービス内容もバラつきがあり、そうした点からはアクセスしづらく、頼みたくても二の足を踏むこともありました。そうしたイメージを一掃し、サービスメニューの標準化と明確化、さらにチェーン店化による間口の広さを確保したのが『ベンリー』です。

暮らしのさまざまな「お困りごと」にワンストップで対応

『ベンリー』が手がけるサービスは、水まわりの修理や家具の移動、雨漏り修理、網戸の張り替え、庭木の手入れなど、暮らしの「お困りごと」全般をフォローしています。電球交換などの細かいサービスにも対応してくれるトータルライフサービス業といえるものです。そのため、どんな注文にもワンストップで対応。料金設定も明確で、その点でも安心です。

将来性が期待される業種で顧客も自分も笑顔になる仕事

高齢化社会が進む日本では、今後、需要が増大する業種であることは明らかで、将来性が期待できます。特殊な免許や経験が不要なのも『ベンリー』のフランチャイズの特徴です。サービス内容に沿った技術指導や、経営のためのマネジメント指導など、2カ月間の集中トレーニングの研修制度があり、迷う気持ちを後押ししてくれます。現在、リビング・サポートNo.1企業に成長した『ベンリー』。利用者も自分も笑顔でいられる、そんな仕事に育ててみませんか。