メガネ外商のパイオニアはフランチャイズを展開する「ニッセツ」

公開日:2015年04月23日
20150423232311

走るメガネ屋の「ニッセツ」は視力測定車を販売しています

”走るメガネ屋”って何だろう?あまりイメージが湧かない人もたくさんいるかもしれませんが、ワゴン車の中がまるでメガネ屋さんのように測定する機械が搭載されているのです。どのように活用されるのかと言うと、メガネ屋さんに行きたくても行けない人のもとに例えば老人施設や病院、また個人宅などに出向いて測定してあげ、その人にちゃんと合った眼鏡を作るために測定し販売する。というお仕事をしているのです。メガネ屋さんと言えば、向こうから来てくれるのを待つだけですが、まさに走るメガネ屋は攻めの営業ですね!

丁寧な研修があるのでメガネの知識がなくてもスタートができます

すでにメガネ屋さんでお仕事をしていた人や、メガネ業界に携わっていた人なら”視力測定車”について聞いたことがあるのではないでしょうか。メガネに関する知識がなかったとしても、フレームやレンズなどの商品や、光学機器の仕入れ、メガネの販売方法や、視力測定技術を始め、外商のノウハウも丁寧な研修を行い、手厚くサポートしてくれるので安心です。

日本全国に約8000台を販売してきた実績と技術と信頼があります

これから高齢化が進むにつれて、ますますこの視力測定車「みえ〜る号」が大活躍しそうです。他にも、小回りのきく「こまわり号」などニーズに合わせて用意されています。メガネを購入したいという目的でお客様から呼ばれると、すぐに測定車でお家に伺い、測定から販売まで行える流れがこの1台にあります。また、それだけではなく、レンズのクリーニングや、眼鏡フレームの調節を行うようなサービスもすることができます。これから、ますますニーズが高まる事業ではないでしょうか。