自己資金250万で飲食ビジネスが可能なフライチャンズ「八右衛門」

公開日:2015年05月13日
5bd4a9b9e6119d43

なぜ「八右衛門」は飲食ビジネスで自己資金250万が可能なのか

通常飲食店を経営するには通常内装や厨房の工事などでどうしても初期投資に数千万かかってしまいます。

そこで八右衛門では「マルシェ ベンチャーシステム」というシステムを作りました。これはまずは本部がオーナーとして皆さんに店舗運営を委託するというシステムを取り、その後加盟店のオーナーとして独立するというシステムです。この方法によってまずは低資金で開業し、十分な利益を確保したあと独立することが可能です。

「飲食店を経営してみたいが自己資金が足りない」というあなたにも低資金で飲食ビジネスに取り組むことが可能です。

「知人を招いてもてなす雰囲気」お客様を家族のようにもてなしを

八右衛門はマルシェグループが中四国・福岡を中心に展開する居酒屋チェーンです。特徴は「家族や友人を招いてもてなすような居酒屋」。

まるで古民家を思わせるような雰囲気の店舗。入口にはかまども設置して、お客様がまるで友人のように来店するというようなシチュエーションを産み出しています。

通常の居酒屋チェーンのようにマニュアル通りの接客と違い、あなたが家族や友人を招待するような暖かい店舗運営を行うことができます。

人と人との絆をつなぐ「心の診療所の創造」を目指して。

マルシェグループの理念は「心の診療所を想像する」。この世の中にはモノがあふれています。物質的には豊かになりましたが、その中で「心の貧困」が大きな社会問題となっています。

八右衛門では来店したみんなが家族や友人のような雰囲気で来店し、その中で絆を再確認してお客様の心を癒やしていけるお店を経営できれば、そう考えています。

低資金で開業し、みんなの心を癒やすようなお店を作りたい、そのような方に是非オススメしたいフライチャンズです。