「8番らーめん」のフランチャイズ店開業で飲食業界へ転身

公開日:2015年07月25日
8ee1ea01cb280e24

FCオーナーの開業が気になる「8番らーめん」は海外展開がスゴイ

株式会社ハチバンは1967(昭和42)年、石川県加賀市に創業。今日まで48年間「8番らーめん」をメインストリームとして事業拡大に邁進し、らーめん事業は5ブランドに分化。和食事業、外販事業、海外事業への展開が目覚ましい外食企業として発展しています。

とくに海外事業ではタイに「8番らーめん」のみで111店舗、香港では「8番らーめん」と他ブランド計7店舗を運用中。またタイ国においてスープ・エキス・タレ製造事業も行っています。「8番らーめん」FC本部は新規開業オーナーを募集中です。

魅せるオーナー開業「8番らーめん」の繁盛の理由

「8番らーめん」は創業以来多くの顧客の対話から進化してきた”野菜らーめん”を中心に据えサイドメニューが充実したラインナップが支持されてきました。

1967年に開業した一号店が繁盛店となった後にフランチャイズ展開に踏み切り、今や石川、福井、富山3県下に110店舗超となる、北陸最大の外食サービスチェーンにまで規模拡大しました。勢いは留まることなく中京、関西、中国、信越の各地域へのチェーン網の拡大が継続中です。

安定開業を目指せる強力本部サポート「8番らーめん」

「8番らーめん」FC本部が用意している「フランチャイズ・パッケージ」は加盟店との緊密なヒューマン・コミニュケーションをベースに構築されています。FC本部は新規開業に際しては調理技術、接客サービス、新鮮な食材の供給、マネジメントなど的確に指導、助言します。

POSシステムを活用した販売管理と情報管理と同時にデータ分析を基にした広宣活動や販促活動を実施し、加盟店店舗の顧客開発をバックアップしています。