カジュアルで本格的な和食が新しい!「板前バル」のフランチャイズを徹底解剖!

公開日:2017年09月01日
20150331115820

今までにないニーズに応える! 新感覚「和食バル」

健康食志向の高まりにより、世界中で和食の需要は伸びています。しかし日本では、和食は価格を含めた「敷居の高さ」から、敬遠される傾向にあります。

そこで生まれたのが『板前バル』!「バル」とは、飲み屋と食堂が一緒になった形態。平均単価3500円前後で、【本格和食】を提供。この価格帯と調理技術を持った競合店は他にありません。バーのようなつくりに、和のテイストをにじませた、【カジュアルな店舗】も大きな特徴。

潜在的需要に応える、「新しい和食スタイル」が『板前バル』のフランチャイズの魅力なのです。

お客の心をつかむ! 巧みな【販売戦略】

『板前バル』の特徴は、”硬軟取り混ぜた販売戦略”。まず、飲食店は素材が大事。全国各地から優れた食材を取り寄せています。料理では、味や、見た目はもちろん、ドライアイスを使った演出で、”話題性も重視”!ドリンクでは、魚介に良く合う日本酒『初孫』を提供。他にも30~50種の飲み物を用意。

深夜営業、日常使いの営業形態は、アルコールの注文を促進。原価の低い酒類で、【食材の原価率を軽減】!「料理へのこだわり」と「経営を維持する取り組み」2つの両立が、評判のお店をつくる秘訣です。

飲食店の要!「板前付き」店舗をゲット

『板前バル』の開業資金は【1500万円】。これで手に入るのは店舗だけではありません。

なんと、加盟店に本部で育成した【板前を派遣】!本格和食の提供に欠かせない、”技術力”が得られるのです。これにより、熟練した板前を確保するための、「採用」や「育成」の不安を軽減!

『板前バル』では、伝統的な日本料理から、斬新な創作和食まで、【常時30種類以上】の料理を提供します。その料理を作り出す、「職人たちの存在」が、フランチャイズ加盟店を支える力となるのです。