競合も少なく手に職がつくフランチャイズ、皮革製品リペアの革研究所

公開日:2015年04月22日

55a207b97ac14d0e

肉体労働ではなく、本格的な技術を持った修理技術職

革製品のリペアは肉体労働ではなく、しっかりとした技術に裏打ちされた修理技術職と言えます。技術を持った職人となることで価値が生まれ、信頼される事業を展開できるのが強みです。

こうした技術職は先輩の下、失敗を繰り返して成長していくのが一般的ですが、オーナーにはそうした経験をさせないよう、しっかりとまとまったノウハウが提供されるので短期間で必要な技術を身につけることができます。

営業が苦手でも技術を磨くことに専念できるシステム

新しく事業を始める上でどうしても切り離せないのが営業です。これまで営業経験がある方でも新しい事業の営業となると大変なことです。

皮革製品のリペアとなると高い専門性をもった技術職です。できるだけ技術を磨くことに専念したいもの。革研究所はそうした集客を解決する仕組みを構築し、オーナーは安心して技術習得に励むことができます。

幅広い顧客層と将来性の高い市場

皮革製品は多岐にわたっており、また長期間使用するものが多いのが特徴です。そのため顧客層も幅広く、開拓する余地が広い市場を有する職種と言えるでしょう。

具体的には、中古車や新車のディーラー、リサイクルショップやアンティークショップ、クリーニング店、靴などの販売店、レストランや宿泊施設など。市場は広範囲に及んでいることが分かります。得意分野を見つけて深く技術を追求していくこともできますし、オールマイティにこなして多くの顧客獲得につなげることもでき、自分の可能性を広げることができる仕事だといえます。