総合保険販売フランチャイズ「ほけんの窓口」の秘密とは

公開日:2015年07月14日

1fbce45ebc028202

「ほけんの窓口」フランチャイズ・オーナーの開業はハウマッチ

従来の生命保険会社や損害保険会社の営業は担当者が地域や個人に張り付いて契約を刈り取るというやり方が一般的でした。担当者は既契約者に密着し他社の情報から遠ざけることが仕事の一部であった時代もあるほどです。

消費者のニーズではなく担当の保険会社営業職員のニーズで契約内容が選択され一方的に契約を押し付けられるという印象を持った方も少なくないはずです。消費者不在と揶揄された保険会社営業に風穴を開けたサービスとして「ほけんの窓口」が注目され新規開業オーナーを募っています。

どこまで目指せるフランチャイズ・オーナー開業「ほけんの窓口」

「ほけんの窓口」フランチャイズ店舗では顧客ニーズを汲み取り中立的な立場で最適格な保険契約を提案するサービスを提供しています。すなわち日本で営業している保険会社35社の全ての商品の中から顧客のニーズに最も適したものを選び提案するコンサルティング営業を行っているのです。

これまでの保険営業とはことなり営業職員が顧客宅や勤務先を訪問するのではなく顧客がフランチャイズ店舗を訪れ保険契約を結ぶカタチとなります。この「ほけんの窓口」が新規開業オーナーを募集しています。

安定開業確保!!「ほけんの窓口」ならではの営業スタイル

「ほけんの窓口」を訪れるのは保険の必要性を理解した顧客、あるいは契約の見直しを求める顧客です。単刀直入にコンサルティングが始まるので、これまでの保険営業のような本来の営業活動とかけ離れた業務は必要ありません。

担当するのは業界認定のファイナンシャルプランナー資格保有者です。「ほけんの窓口」は、従来の保険販売の形を大きく変える存在として注目され全国の店舗数はすでに500店舗を超えています。今後の保険加入の標準的な形式となることが期待されている業態なのです。