学習塾はビジネスの優等生 慶桜個別指導学院でフランチャイズ起業

公開日:2015年04月18日

20150426231138

主な商品は「授業」 在庫いらず、少ない初期投資で起業 

個人で起業するなら学習塾、という声を聞くことがあります。学習塾の主な商品は「授業」であり、在庫を抱える必要がありません。初期投資が比較的少なくて済み、立地場所は駅前などにこだわらず住宅街でもOK。スペースがあれば自宅でも開業できるのがその理由です。

ただし、採算ラインの生徒を集められれば、という条件が付きます。その面ではネームバリューのある学習塾にフランチャイズ加盟しての起業がお勧めです。そういった条件にピッタリなのが慶桜個別指導学院です。

生徒に合ったカリキュラム 「わかる」喜びを「できる」喜びに

慶桜個別指導学院は、生徒に合ったオリジナルカリキュラムに沿って、自信が持てるまで徹底した個人指導にこだわった教育がモットーです。「わかる」喜びを「できる」喜びに、そして「結果が出せた」喜びにつなげることを指導方針にしています。

でも「人に教えるなんてとても」と尻込みする人も多いことでしょう。でも大丈夫です。講師を雇えばいいのです。オーナーは教室の環境整備をし、子どもや親とのコミュニケーションを取ったりしながら縁の下の力持ちに徹すればいいのです。

「お客」から感謝の言葉 学習塾経営ならではの醍醐味

学習塾の経営は初期投資が少なくて済み、ビジネスとして見た場合、資金効率が良いビジネスの優等生とも言え、脱サラしての起業にはお勧めです。それだけではありません。教育に携わる仕事ならではの喜びも感じられるのです。

生徒の成績が上がったり、希望の学校の入学試験に合格したりすれば、生徒はもちろん、親からも感謝の言葉が掛けられます。オーナーが教えたわけでなくても、教育に関わって良かったと思うはずです。授業料を払ってくれる「お客」から感謝してもらえるのは、学習塾経営ならではの醍醐味です。