古着買取り・販売・輸出「キングファミリー」FCの開業メリットとは

公開日:2015年07月18日
8b6bf3751db7a6aa

「キングファミリー」ワンランクアップ?FCオーナー開業

株式会社Kurokawa / 株式会社クロカワが1994年から「キングファミリー」名義の店舗展開を始め、2000年よりフランチャイズシステムに移行し事業拡大、加盟店は全国80店舗にまで成長しています。

「キングファミリー」は業界初となる例外はあるものの持ち込まれた全ての衣料をkg単価で買取るリユースシステムを採用したユニークなリサイクルショップです。「キングファミリー」FC本部は新規開業オーナーを募集しています。

古着買取り・販売「キングファミリー」が提案するビジネスモデルとは

「キングファミリー」はリサイクルショップで買取不可とされた衣類でも取り扱う場合も少なくありません。同社の買取率95.3%がその証です。これはリユースする衣類を店舗販売するだけではなく輸出や工業用途で活用する独自の処理ルートを持っていることにより可能となっています。

買い取り価格=仕入れ価格これがキロ150 円となり、商品価値のある衣類は選別して販売するので、粗利は、なんと80%超。キロ単位でなんでも買取る店舗と認知されると買い取り希望顧客が安定して訪れ商品の仕入れも順調に推移します。会員システムを導入して顧客の囲い込みも行い開業後の収益向上につなげています。

「キングファミリー」フランチャイズ開業の安定経営とは

「キングファミリー」FC本部が提案するプランでは開業店舗用地として100坪必要としています。店舗規模が大きいために初期設備投資は店舗内外装の工事費用を始めとして、加盟金など大きく膨らむことになります。

また買い取り用途の資金として運転資金も必要となります。この問題をクリアできると3.5~4年で初期投資金の回収が完了する見込みとなり、複数店舗運営のオーナーも少なくありません。