繁昌ラーメン店「新のれん分けプロジェクト」でフランチャイズ開業

公開日:2015年07月25日
F359f3e180112cb6

「新のれん分けプロジェクト」FCオーナーの気になる開業

「新のれん分けプロジェクト」とは480万円でラーメン屋を開業し、年収1000万円稼ぐラーメン屋を目指すプロジェクト。全国28店舗のラーメン店がこのプロジェクトに加盟・開業しています(平成27年6月現在)。

日本メントレプレナー協会代表の矢田ひろき氏が自らの独立開業の課程で身につけたノウハウを提供します。そして、これはフランチャイズではありません。開業を検討する際の選択肢の一つに加えるべきか、内容を見て行きましょう。

目指せ安定開業「新のれん分けプロジェクト」の魅力とは

新のれん分けプロジェクトは、フランチャイズと独自出店のメリットをコンビネーションさせたものです。すなわち繁盛店作りのノウハウの提供、未経験からの独立支援と継続サポート、というフランチャイズの良さ。

リスクの少ない小予算(480万円)での開業、がんばった分だけ稼げる仕組み。という独自出店のメリット。開業を検討する際の選択肢の一つに加えてみましょう。

開業に好影響を与える多彩なサポート「新のれん分けプロジェクト」

「新のれん分けプロジェクト!」の特徴はリスクを小さくして出店が可能だということです。即ち開業資金を480万円に抑えること。まずは利益が出る店づくりを目指して店舗の立地や物件選びをアドバイスします。

推奨しているのは「3等地+居抜き物件」。居抜き物件での開業によって初期投資を節約できます。情報収集の仕方のノウハウとともに、未公開居抜き物件情報も提供されます。その他開業まで、開業後にも継続したアドバイスが得られます。