物事を主体的に判断できるようにする学習塾のフランチャイズ、マイセルフは一味違う

公開日:2015年04月22日
E528c2fc1f28ba98

マイセルフの使命は自立した精神を身に付けた子の育成

マイセルフはどうすれば生徒の成績が上がるのかということを考えるのではなく、勉強の目標と目的をしっかりと定められるようになり、自発的に勉強できる人材育成を行うことを目指しています。

そうすることで生徒が自立し、物事を主体的に判断できるようになると考えています。つまり一時的に一生懸命勉強する状態を作り出すのではなく、将来にわたって継続的に学習する仕組みを作り上げていきます。

生徒たちに「意欲の種」を与え続けるマイセルフ

どの塾でも、週2,3回通っただけでは大きく成績を伸ばすことはできません。マイセルフが成績を伸ばすことができるのは、生徒たちに語りかけ、意欲をぐいぐい刺激することで学習する姿勢を作るからです。

そうした「意欲の種」を与え続ける環境を、1カ月の無料体験期間中に生徒たちは自分自身で感じ取り、入塾して勉強していくようになっていくのです。

勉強しようという姿勢をもって入塾し、自ら学習に取り組んでいくので、だんだん成績が伸びていきます。成績が伸びるから意欲が刺激されるという好循環が生まれる環境ができるのです。

プレジデントFamilyでも紹介された指導法

マイセルフは、著名人の名言から子供の思考力や感性を磨いたり、子供を承認することによりやる気を育てる仕組みや、コーチングの考え方を取り入れたホームルームなど、他の学習塾にはないノウハウを持っています。

プレジデントFamilyでも紹介されたその指導法は、塾や教育に携わる人々の間でも注目を集めており、人間育成に深くかかわることができます。勉強を教えるだけではなく、生徒の育成そのものにかかわることができるのがマイセルフの特徴です。