FC中華レストランの雄「餃子の王将」で飲食店経営に挑戦する

公開日:2015年06月27日
Cec49433b82039ea

中華レストラン「餃子の王将」FCオーナーの年収はハウマッチ

創業48年・中華料理チェーン業界においてトップクラスの「餃子の王将」の業態特徴のひとつは日本人に親しまれる大衆中華料理を多品種かつ廉価に提供し続けていることです。

サラリーマン・主婦の昼食に、家族の夕食に、職場の宴会にと美味しくて安い中華料理を提供することで顧客のニーズに広く応えて繁栄・発展してきました。その実績で裏打ちされたFCシステムがFC店舗オーナーの経営を力強くアシストします。

どこまで目指せるオーナー年収中華レストラン「餃子の王将」

「餃子の王将」が消費者に対して明確に示した安くて美味しい中華料理を提供するという販売戦略。「餃子」をメニューの中心に据え、味と調理法の開発を徹底して行うことで顧客の信頼を勝ち取ってきました。

厳選された食材と各店舗で餡を包むオペレーションによって品質・味の統一がとれた看板商品の餃子が提供され「餃子の王将」のブランド・イメージが確立されています。

新規フランチャイズ参入オーナーは直ちに同等の集客効果を得られ安定した経営が望めます。

安定年収確保!!中華レストラン「餃子の王将」ならではの本部サポート

「餃子の王将」のフランチャイズ各店舗はセントラルキッチンから配送される半調理済み食材を使って顧客オーダーを受けてから短時間で配膳可能な「餃子の王将」サービスを提供することができます。

オープン前に「餃子の王将」FC本部で行われる研修によって調理配膳オペレーションを始め中華料理店経営のノウハウを身につけるれFC店舗の売上を支える柱となります。