家電販売業での起業なら「Joshin」ブランドのフランチャイズ

公開日:2015年06月18日
2c4fcc8cd5b9a3a3

大阪日本橋発「Joshin」FCオーナーの年収はどれくらい?

大阪の秋葉原と呼ばれ安売り家電店が軒を連ねる日本橋で長年に渡り家電総合販売店を経営してきた上新電機がこれまでの家電販売店経営の蓄積を注ぎ込んだフランチャイズ展開で全国的に店舗数を増やしています。

「Joshin」は全国に233店舗。内フランチャイズ店は16店です。家電製品を取り扱う販売店経営の魅力は高額商品の取り扱いによる粗利が大きいこと、製品にかかわる消耗品の継続購入での売上が望めることなどです。

期待できる安定年収の源泉「Joshin」の秘密とは

上新電機株式会社は昭和23年5月の創業以来、66年間堅実に家電販売業を営んできました。上新電機株式会社はガバナンス、コンプライアンスから環境貢献活動まで、幅広く強化・推進し続けています。

価格面は元より親切で提案力のある店舗づくりを実施して消費者からの信頼を得ています。「Joshin」ブランドによるフランチャイズ経営は、その信頼を糧にして安定した売上につなげることが可能です。

安定年収に貢献するプ「Joshin」FC本部バックアップ

「Joshin」のフランチャイズ本部がフランチャイズ店舗に提供するサービスは各メーカーの売れ筋商品情報の提供や安定供給に加え、在庫確認もモニタ上で確認できる販売支援システムの使用などです。

このシステムによれば発注業務を省力化。これは大型量販店と同等のシステムで人件費削減に貢献します。オリジナル商品「concept」シリーズの販売も可能です。総合的に売上が追求できるフランチャイズシステムで各店舗の経営を力強くサポートしています。