たこ焼き屋の経営に「大阪やき三太」フランチャイズを選ぶ

公開日:2015年06月14日
68e385835f6edf7a

「大阪やき三太」フランチャイズオーナーが手にする息の長い年収とは

「大阪やき三太」は、地の利が悪いといわれる場所で、あえて出店しながら地域住民に愛される店舗展開をしてきました。徹底的に美味しいたこ焼き・お好み焼きの味を追求し、商品として顧客に提供することで発展してきたのです。

その結果として創業以来全国で100以上のチェーン展開を果たしていることが全てを語っています。一時的に大きな利益を期待することはできませんが、定年がなく地道な経営を長く続けることでフランチャイズオーナーはメリットを享受することができます。

ロイヤリティーは0円!!手堅く年収をゲットする「大阪やき三太」経営

「大阪やき三太」フランチャイズ本部が採用している独自の材料調達システムは食材等のロスを徹底的に排除することができます。またフランチャイズ本部に支払うロイヤリティーは0円です。ともすれば利益率を圧迫する要素が一つ初めから排除されています。

また品揃えは時間帯や顧客の嗜好を分析した結果を反映したもので客足が絶えず売上に貢献します。オリジナルの店名や店舗ごとの商品開発もオーナーの裁量権を尊重したシステムとなっています。

頼りになる本部バックアップがフランチャイズオーナーの年収を支える

「大阪やき三太」には、これまでのたこ焼きチェーン展開の際に得られた経験を盛り込んだ研修プランが構築されています。

オープン前後の繁忙期にはフランチャイズ本部から担当者が実店舗に出向き適切なアドバイスを行う体制が整っています。また開業後においても経営上の問題点についてオーナーは本部に相談することができます。