抜群の集客力!『釜焼鳥本舗おやひなや』フランチャイズ

公開日:2017年08月24日

20150331121227

釜で焼く!? 人気メニューの讃岐名物『釜焼鳥』

香川県で生まれた「うどん」に続く名物、それが『釜焼鳥』です。塩・コショウ・ニンニクで味付けした鳥は、もちろん美味。しかし、その最大の特徴は『インパクト』。フランチャイズの成功にとっても大事なものです。

『釜焼鳥』というネーミング。骨付き鳥をそのまま焼くという製法。丸ごとかぶりつく食べ方。これで注目を集めないはずがありません。

発祥の地、香川県の丸亀市では、一つの名物になりつつあります。『うどん』とセットと認識されることで、その人気はさらに高まっていくことでしょう。

サイドメニューがすすむ!『釜焼鳥本舗おやひなや』での楽しみ方とは?

フランチャイズを運営するとなると、「『釜焼鳥本舗おやひなや』で利益を出すことができるのか?」ということが気になるところでしょう。もちろん、メニューは釜焼鳥だけではなく、他のサイドメニューを注文してもらうことも狙っています。

『釜焼鳥本舗おやひなや』での注文は、
・鳥の「おや」か「ひな」かの選択
・飲み物の選択
から始まります。

釜焼鳥は焼き上がりまで時間がかかります。しかし飲み物はすでに来ていますから、おつまみの注文も必要ですね。やがて出てきた釜焼鳥にかぶりつけば、ビールもさらにすすむことでしょう。

讃岐と言えばやっぱり『うどん』! 『うどん』の提供でさらに集客力アップ

やはり香川県名物と言えば『うどん』です。『釜焼鳥本舗おやひなや』では、そんな期待に応えて『讃岐うどん』を提供しています。

麺は国産小麦100%に、赤穂の塩をつかい、もちもちした独特の感触を出しています。だしも枕崎産の花かつおを使い、麺の味を引き立てます。

一つのフランチャイズ店舗で二つの目玉メニュー、昼は讃岐うどん、夜は釜焼鳥とビール。そんな利用の仕方があればこそ、安定した集客が見込めるのです。