フランチャイズで始めるパソコン教室の『パソカレッジ』

公開日:2015年05月26日
0b23d178841b32b4

生活の必需品であるパソコン その楽しさは「まだ伝えきれていない」

いまやパソコンは生活の必需品。スマホで多くのことができるようになったいまも、パソコンの需要がなくなったわけではありません。また、そうしたパソコンの楽しみ方を「まだ伝えきれていない」というのが、『パソカレッジ』を運営する「マミオン」です。シニアなど、まだパソコンを活用していない層が膨大にあり、その潜在性の大きさは注目されるべきといいます。

シニアや初心者にわかりやすく講師の特徴も出しやすい個人指導

事実、『パソカレッジ』の利用者は、シニア層を中心にした超初心者が多いのです。そして、『パソカレッジ』の指導方法は、コミュニケーションを取りながら行う個人指導が特徴です。これは生徒にとっては、自分のペースで進められる、質問がしやすいなどのメリットがあり、ターゲットであるシニア層にも受け入れやすい形です。指導する立場では、『パソカレッジ』全体としての共通認識を守りながらも自分の特色を出せるという利点もあります。運営上のメリットとしても、生徒の滞在期間が長く、口コミで広がるという点も特徴です。

30万という低価格のロイヤリティと自由度の高い運営が特徴

それでも「パソコン教室は技術的に難しいし、運営も楽ではないのでは」という心配もあるでしょう。そうした点は低価格で開講できる『パソカレッジ』なら心配無用です。研修費用と加盟金を合わせて30万円。教室の規模は4台のパソコンから始めたという例もあります。また、『パソカレッジ』の教材は、わかりやすく指導しやすいことで定評があります。そして、『パソカレッジ』は運営上の縛りが少ないのも特徴で、唯一のモットーが「生徒さんを楽しませること」。楽しみながら人の輪が生まれるパソコン教室、その輪の中心で輝きませんか。