住宅のリペアビジネス「ウッドリペア」FC開業に挑戦

公開日:2015年08月11日
967905ccf7893b57

「ウッドリペア」フランチャイズ・オーナーの革新的な開業とは

創業34年の実績の「トータルリペア」FC本部は住宅リペア事業を「ウッドリペア」ブランドで展開中です。「トータルリペア」は環境に着目しながら高度な技術を駆使した顧客満足度が高い修復で高い評価を得ているフランチャイズ。

「ウッドリペア」はヨーロッパからアメリカにアンティーク家具や絵画の額縁を船便で輸送する際に起きた損傷を修理する技術を起源として発展してきました。 特徴は、「古いものを古いように直す」他にはない技術力。エリア制採用のため加盟数に限りがあることも留意点の一つです。

オーナーが目指す安定開業「ウッドリペア」でジャパニーズ・ドリーム

ウッドリペアでは家具だけでなく、住居の木製部分であるフローリングや柱などの補修も行います。中古住宅を直して使う「リノベーション」などでの潜在需要が想定されています。

また、新築住宅やマンションの引き渡し時には、職人がつけてしまった小さい傷を治すニーズもあります。住宅関連ビジネスの広がりは大きく、フランチャイズ業務として期待が持てるブランドと言っていいでしょう。

安定経営も夢じゃない「ウッドリペア」フランチャイズ開業

「ウッドリペア」は業界屈指の補修技術力を持つと評価が高く、フランチャイズ店舗経営に際しても集客力・ブランド力が期待できます。フランチャイズ・パッケージでは分割など支払い方法を工夫すれば、頭金約50万円から開業が可能です。

リペア業界が初めてでも納得のいく研修制度が受けられ、プロによる指導で、技能や知識を習得できます。大半の人が未経験からスタートして安定経営を実現。開業後も、経営についての情報をサポート、追加の技術訓練が無料となっており、年収アップのカギとなる自分の技術力を低資金で高めることが可能です。技術を高めればリピーターも増え、売上・利益の向上を得ることができます。