新潟発和風ファーストフード「ピーコック」フランチャイズで開業

公開日:2015年08月28日

84ea83530e7561e6

「ピーコック」フランチャイズ驚きの開業の秘訣と秘密に迫る

昭和46年創業。新潟で誕生した株式会社ピーコックはたこ焼きやお好み焼など昔から愛されてきた食品群を冷凍食品として製造販売する一方で同社製品を使ったファーストフード・チェーンをフランチャイズ展開しています。

焼き物専門店として頑固石焼、まるたこ本舗、豊年祭、勝太鼓。ラーメン専門店の麺屋頑固。うどん専門店の稲穂。スイーツ専門店のスイーツ工房、マドレーヌ、トレビの泉、アズキスイーツ&カフェなど多彩な業態で出店しています。フランチャイズ本部では、同社ブランドでの出店を希望するオーナー候補を募集中です。

安定経営の魅力「ピーコック」フランチャイズのメソッドとは

「ピーコック」では日本人にとって馴染み深い食品を美味しく出来立ての味を提供するために、「ピーコック」は冷凍事業開発に社命をかけて注力してきました。

冷凍食品の素材としてふさわしい野菜のチョイスや、その他、原材料を冷凍食品仕様へ改良するために試行錯誤を繰り返し現在の品質にたどり着いたのです。そして、その美味しさを提供するためのフランチャイズ展開も平行して行い好評を博しています。

開業成功店に学ぶ「ピーコック」フランチャイズの繁盛方程式とは

ピーコックのフランチャイズ事業の目指すものとは発祥の地である新潟県から国内全域への展開です。FC展開こそがピーコックの事業市場戦略最大の推進力と位置づけています。

和風ファーストフード店舗の出店による冷凍事業部製品の普及も折込事業の両輪と位置づけています。新規フランチャイズには店舗の企画段階から開業前後の込み入ったスケジュール調整までも含めて支援。さらに開業後は品質・技術管理体制などアシストして行きます。