お弁当宅配の「パーソナル」は顧客視点のフランチャイズビジネス

公開日:2015年04月18日
20150430185332

健康維持を目的としたお弁当宅配が「パーソナル」の差別化ポイント

有限会社パーソナルフードサービスは、宅配のお弁当サービスを提供しています。通常の宅配弁当とは異なり、プロの栄養士によって栄養管理とカロリー計算をされているため、これまでにない顧客を取り込み、リピーターとして定着させられるのが大きな差別化ポイントとなっています。

厚生省の定める1日30品目の食品を、専属の栄養士がメニューを考えて調理しているのがポイントで、塩分も10mg以下に設定し、化学調味料を一切使用していないため、健康的な食事をすることができるのです。

常食と制限食に対応した宅配弁当が顧客から高い支持を得ています

「パーソナル」が提供するお弁当は、常食と制限食両方に対応しています。常食は、1食あたり700kcalとなっており、塩分は3.0g以下で、栄養バランスを考えたからだに良い食事です。また、制限食はダイエット、腎臓食、透析食、糖尿食、アレルギーなど様々に制限項目のある顧客を対象としており、食事で様々な相談に乗ってくれるところが大きな人気になっています。

通常は、1日に2食の配達が基本ですが、昼食や夕食だけの配達も可能で、一人暮らしのお年寄りなどをしっかり獲得できるサービスとなっています。

高齢化社会に対応したこれからの時代に必須のフランチャイズ

今後高齢化社会の進展の中で、一人暮らしをしていくお年寄りがバランスのいい食事をとることは、きわめて難しくなることが予想されています。しかしこうしたパーソナルの提供する健康管理の行き届いたお弁当宅配があれば、そうした心配も解消されることになり、今後ますますニーズの高まるビジネスとなることが予想され、安定的な事業運営も見込まれる状況です。