ファミリーヘアサロン「SEASON」、フランチャイズで積極展開

公開日:2015年05月18日

489b4e649a2d0dc0

安くて早くて技術も確か できれば人件費も安く抑えたい

子どもからお年寄りまで家族そろって出かけられるヘアサロンをフランチャイズ展開しているのが、株式会社ランシステムが運営している「SEASON」です。店のイメージコンセプトは「安定した高品質な技術提供」です。

安いだけではなく、早く調髪するだけでもなく、リーズナブルな料金で確かな技術を提供して、お客に満足してもらう、ということのようです。それには腕の良い理容師を、人件費をかけずに雇用する必要があります。果たして可能なのでしょうか。

経費の50%は人件費 ヘアサロンの優劣は人材で決まる

ヘアサロンの経費の50%を占めるのが人件費(技術料)です。投資対象が人材にあることから、経営者にとっては人材の育成と確保が最大の課題です。

求人広告を出して応募者があっても技術や接客面に問題がある人だった、というケースが多く、優秀な人材が集まらないのが経営者の悩みの種です。優秀な人材が来てくれてもすぐに辞めてしまい、また求人広告を出すはめになり、人件費が膨らむという悪循環です。ヘアサロンの優劣は人材で決まってしまうので店にとっては死活問題です。

人材補充や求人の悩みなし 応援スタッフの本社マージンも必要なし

こうしたケースに対して心強いのが「SEASON」のサポートです。直営店(本部アカデミー)で人材をストックし、育成しているので、FC店にスタッフの応援を出すシステムができているのです。

さらに、オープンのときもオープンしてからも、人材の補充や求人の悩みはなくて済み、応援に関しての本部へのマージンも必要ありません。このため、フランチャイズの全店が求人広告費ゼロという実績があります。また、美容や理容の経験のないオーナーには、技術教育・接客接遇指導・ミーティングといった業務委託制度も受けられます。