コンビニのフランチャイズなら顧客満足度No.1のセイコーマート!

公開日:2015年04月22日

A0de43b51fae9348

地域密着型のビジネスモデルにより北海道で圧倒的なシェア

地域密着型のセイコーマートは、全国的な知名度はないものの北海道で圧倒的なシェアを占めるコンビニエンスストアです。その数は北海道で1030店舗。セブンイレブンの922店を大きく上回っています。その地域に根付いたサービスで、人口1800人の過疎の町でも600人の集客に成功している例もあるほど。

またロイヤリティも非常に低く抑えられており、粗利の10%となっています。他のコンビニチェーンでは売り上げに対して数10%であることを考えると、オーナーの利益が残りやすい構造ということができます。

小回りが利くオペレーションで4年連続顧客満足度No.1

人気の秘密はその小回りの効いたオペレーション。大手チェーンだと1万店以上の店舗に並べる商品を作るため、原材料や準備も大変ですが、商圏や店舗数の限られたセイコーマートでは限定商品や有名店とのコラボなどもしやすく、地域ユーザーのニーズをがっちりつかんだサービスを展開できています。

そのためセブンイレブンなどの大手チェーンをおさえて、コンビニ部門で顧客満足度4年連続No.1を獲得しています。消費者の支持も高く、地域内での知名度も圧倒的。参入しやすい環境にあると言えるでしょう。

独自の商品展開で他チェーンと徹底的に差別化

上記のような限定品以外でも、独自の商品開発や品ぞろえで他店の追随を許さないのも特徴。他チェーンに先駆けてプライベートブランドを展開したり、最近他店も始めた野菜販売にも早くから取り組むなど、マーケティングにも優れており、北海道でその優位性を保ち続けています。

特に人気なのが店内で調理するデリカのホットシェフ。原材料から製造まで一貫しており、北海道らしく素材にこだわった高品質な食品で、他店の追随を許さないポイントと言えるのではないでしょうか。