家電量販店のFC「エディオン」地域密着経営のメリット

公開日:2015年06月30日

0353bbf5453f8e61

「エディオン」フランチャイズ経営ならではの年収

家電量販店『エディオン』が展開するフランチャイズ店舗数は777を数えています。

FC店舗は『エディオン』幹線道路沿いで営業している大型店とは異なり地域密着型の小型店タイプでの営業を行っています。

「近くにある」、「すぐに相談できる」といった「町の電気屋さん」としての特色を持ちながら、本部との綿密な連携に需要が高い電気商品を廉価で提供する新たなサービスを経営の柱にしたFC店舗の売上が期待できます。

夢の安定年収を実現「エディオン」フランチャイズの繁栄とは

「エディオン」フランチャイズ店舗では直営の大型店と同じような商品構成での品揃えができます。売れ筋商品も短時間で入荷可能です。

利益率の高いオリジナル家電も販売できます。価格も他店を含めて大型店に遜色が無い設定で販売でき、修理や工事、アフターサービス体制も万全です。

本部との連携により他地域への転送・配送依頼にも対応できます。このようにFC本部が店舗オーナーの経営を支援する体制が整っています。

安定年収ならおまかせ下さい隙がないバックアップ「エディオン」

「エディオン」FC本部が提供する独自のPOSシステムによって売上の処理や商品の管理、顧客情報は入力後直ちにデータ化されて本部と共有できます。

在庫管理や仕入れ発注などの省力化も行っています。データの分析結果は各店舗に合わせた販売促進活動に活かされ具体的な中長期プランを作成しています。これらを経営の柱にしたFC店舗の売上に貢献しています。