最高級の日本製を普及させたいフランチャイズ「靴下専門店 Tabio」

公開日:2015年04月15日

Ef60cd4367304d2a

妥協しない製品開発を続けて築き上げた不動のブランド

今や生産の拠点を海外に置き、コストを削減する手法を多くのメーカーが採用しています。靴下の製造も例外ではありません。そんな中Tabioは品質にこだわりを持ち、一貫して自家製の商品を国内で作り続けているのです。

日本製の靴下には世界でもトップクラスのノウハウが詰め込まれているとも。スキルとセンスを兼ね備えた職人が作るブランド化した素敵な靴下は、多くの支持を得るまでになっています。

多彩な店舗形態で、世界に向けても出店加速中のTabio

そんな自慢の商品をより多くの人に知ってもらいたいとの想いから、全国への出店が相次いでいます。日本のみならずイギリスやフランスにまで出店しており、合わせると280を超える店舗数を持つまでになりました。

幅広いニーズに対応すべく、4つの店舗形態があります。オーナーは自分にあった形態を選ぶことができます。流行、こだわりのオーダー、お手頃品、家族向けなど、お客様が利用しやすいように工夫されています。

独自システムでオーナーの負担軽減と顧客満足を両立する独自システム

各店舗の負担を減らすべく、Tabioならではの流通の仕組みを確立しています。あたかも店舗と工場が物理的に繋がっているかのように、請け負ったオーダーにすばやく対応できるのです。

この仕組みの元では、店舗に在庫は必要ありません。オーナーは自身の負担を減らしつつ、お客様に満足を与えるサービスの提供を行うことができるようになっています。