「コミックバスター」フランチャイズ開業の奥深さに接近してみよう

公開日:2015年08月10日
A1e027245dba3618

注目度NO.1「コミックバスター」FCオーナーの安定開業の秘密とは

「コミックバスター」は、「日常生活の一部として使っていただける複合カフェ」をコンセプトに企画された漫画喫茶フランチャイズ・システムです。店内で利用できるのはインターネットやコミック、雑誌、DVD、ゲームをはじめ、ビリヤードやダーツなどのアミューズメントも取り揃えた次世代型〈アミューズメントスペース〉。

料金は時間制となっており、時間内であれば施設内の設備が全て利用できます。また従来の漫画喫茶とは一線を画すオシャレで快適な空間を提供。女性やファミリーも視野に入れた店舗運営を行っています。

FCオーナー開業は夢じゃない「コミックバスター」経営の実態

「コミックバスター」フランチャイズ・本部は駅前立地型・市外立地型・郊外立地型と地域に合わせた店づくりをしています。店舗面積が最も広い郊外立地型での収支モデルでは、償却前営業利益が月に約200万。一番狭い駅前立地型でも目安となる利益は月100万以上となっています。

集客力や営業力が本部手動により安定しているからの数字であると理解すべきでしょう。

羨ましすぎるオーナー開業「コミックバスター」がっちり支える本部サポート

「コミックバスター」では、フランチャイズ契約を結んだオーナーに手厚いサポートを行っています。 新規開業店舗の設計と内装についてはオーナーの意見を最大限取り入れた店舗造りを行っていきます。

開業に必要なコミック・パソコン・その他備品については、本部の担当者が店舗まで出向いて、サポートします。さらに2日間のオーナー研修によって、備品の発注のしかたやアルバイトの教育方法など、必要な業務知識を修得することができます。