「やみつきのした」のフランチャイズは長期間の経営を見据えた運営

公開日:2015年06月27日

Ee53fa29ff2b68f3

大阪名物鉄板鍋全国版やみつきのしたで年収アップを目指そう

前身の焼肉料理きのしたは、「お肉を炊く」という発想から鉄板鍋が誕生したお店です。その後の鉄板鍋ブームも火付け役とも言えるでしょう。

そんな鉄板鍋を全国の皆様に食べていただきたい、という思いから大阪名物鉄板鍋全国版やみつきのしたが誕生しました。

その人気は一度食べれば納得できます。鉄板鍋を全国にぜひ広めたい!という方はパートナーになってみませんか?

やみつきのしたは長期間の安定経営・安定した年収を目指します

やみつきのしたは長期間の経営を目指し、フランチャイズでは「飲食店総合製作所」を趣旨として掲げています。

この飲食店総合製作所とは、店舗の総合プロデュースからプランニング、店舗ののデザイン、店舗の運営に関するコンサル、そして海外進出までを長期間の継続した経営を見据えた運営をトータルサポートしています。

前身の焼肉料理きのしたが20年以上続けてこられたのも、このようなノウハウを持っていたからだと言えます。

年収プラスαを重視したやみつきのしたのフランチャイズ経営

ビジネスを成功させるには利益が上がる事がもちろんです。ですがその事だけでは成功したビジネスと言えないと断言できます。

飲食店は料理を出すだけではなく、お店の雰囲気や心地よいサービスなども提供しているからです。さらにはスタッフに信頼されるお店になる事が長く続けられる秘訣だと考えています。

このように、やみつきのしたは飲食店を経営側、お客様側の両方から見て今までのノウハウを駆使するなどトータル的に事業を展開しています。飲食店のフランチャイズとしてはとても魅力的です。