手作りのシュークリーム専門店「ビアードパパ」だってFC開業できる

公開日:2015年08月22日
5b186c5846cb2404

手作りのシュークリーム専門店「ビアードパパ」FCとは

株式会社麦の穂が運営するシュークリーム専門店「ビアードパパの作りたて工房」はいつもできたて、作りたての美味しさを提供するフランチャイズ・ショップです。関西を中心に知名度は上がりつつあり、テレビや雑誌等でも度々取り上げられています。

パイシュー皮も生クリームもすべて店内の工房で作ることに拘わり、バニラビーンズや小麦粉なども最高級の天然食材を厳選し、防腐剤や安定剤も限りなく排除した食品です。スイーツファンだけでなくグルメ志向の顧客もリピーターとして獲得しています。

FCオーナーが満足できる投資回収「ビアードパパ」の秘密とは

「ビアードパパ」は店舗面積が5坪から運営できます。人通りはあるが場所が確保しづらい繁華街などでも出店が比較的容易です。オーブンが2台於けるスペースがあれば運営できるようなオペレーションになっているため、空きスペースに新たな集客力ある店舗を設置できるところが魅力です。

「ビアードパパ」のフランチャイズ応募要項としては年齢・性別には条件はありませんが、フランチャイズ契約等で定められたルールを守る必要があります。初期費用として約2,000万円の資金の負担があり、個人の場合は、法人設立を求められています。

「ビアードパパ」新規開業に必要な資金と収益見込みとは

「ビアードパパ」が提案するフランチャイズ・パッケージでは5坪・オーブン2台のケースでは初期費用として、フランチャイズ加盟金200万円を始めとして、内装C工事費、厨房機器、備品(募集、チラシ、ユニフォーム他)など合計2,140万円とされています。

(物件費用は別途。公式ホームページによる)また、上記規模店舗で年間売上5,400万円(月間平均450万円)の場合、営業利益は月額60万円、投資回収期間28ヶ月を想定しています。