大阪発祥で海外へも進出するフランチャイズの『ぼてぢゅう』

公開日:2015年04月23日
20150430173710

大阪の味を全国区に そしてアジア各地にも広める現在

1946年に大阪で誕生したお好み焼きの『ぼてぢゅう』は、全国に浸透しました。そして現在はアジア各地にも「大阪の味」を提供するまでに成長しています。お好み焼きにマヨネーズをかけるスタイルを広めたのも『ぼてぢゅう』の功績。独自のスタイルのお好み焼きをはじめ、お好み焼きと焼きそばの両者の良さを合わせたモダン焼きを考案し、焼きそばもオリジナルソースで提供しています。

多彩な飲食店グループの原点はお好み焼きの『ぼてぢゅう』

『ぼてぢゅう』を運営する「東京フード」は、大阪のお好み焼きを初めて東京に持ち込んだり、早々に海外へも出店するなどリーディングカンパニーとしての活動は目覚しいものがあります。しかし、その原点は『ぼてぢゅう』といいます。この屋号は、お好み焼きをコテで返すときの「ぼて」という音と、「ぢゅう」と焼ける音から名付けられたもの。美味しいものが生まれるときを、臨場感をもって伝える音です。

伝統を守りつつフランチャイズによるビジネスモデルを確立

そんな『ぼてぢゅう』は、フランチャイズのシステムも路面店や商業施設内など、さまざまなロケーションごとにビジネスモデルを確立しています。伝統を守りつつ、ブランドの重層化、多角化など時代に応える戦略はとどまるところを知りません。『ぼてぢゅう』の積極展開へ、参画を計画してみてはいかがでしょうか。