「大黒屋」フランチャイズ店経営で独立開業にチャレンジ

公開日:2015年06月14日
E852181610f09bbf

「大黒屋」フランチャイズ店加盟で安定した年収をゲットする

「大黒屋」のフランチャイズ展開は全国150拠点にまで及んでいます。「大黒屋」のビジネスモデルは顧客にとって不要なものを買い取り、品物のクリーニング等をした後に必要な顧客に販売するというものです。

買い入れ対象は高価な装飾品や各種切符・切手・金券等をメインに幅広く取り扱っています。需要と供給に応じて市場価格を反映させた買い取り・販売価格を決定することで確実な利益率を確保するシステムが構築されています。

フランチャイズオーナーが安定した収入を得られることを可能としています。

安定年収も可能「大黒屋」フランチャイズ加盟店経営の醍醐味

多様な商品を取り扱うことによって消費者動向や経済状況の変化に対して臨機応変な対応が迅速にできます。消費者から直接買取り消費者に販売することで不要品の在庫を抱える懸念がありません。

他の業種と異なりフランチャイズ・オーナーには査定スキルが認められます。これは「大黒屋」ビジネスモデルで核となる技能です。開業前研修では基本的な事項を身につけることができます。

開業後日々の現場で判断に迷う場合は本部の相談システムを活用することで問題がない査定ができます。

売上=フランチャイズ経営と年収に響く出店場所の選定

「大黒屋」FC本部は出店場所の選定を重要視しています。これまでのフランチャイズ展開において出店後の売上に大きく影響していることがわかっているからです。

出店場所はオーナーが予定している場所の場合は本部が定めた条件を満たす必要があります。

開業後は本部スタッフが一ヶ月に一回の頻度で訪問するので業務上の問題等について気軽に相談をすることができます。未経験の方でも安心して経営に携わることが可能です。