フランチャイズで独立・起業する動機を確認し、情報を集める

公開日:2015年03月24日

20150330214530

動機をしっかり確認しよう

フランチャイズに加盟するかどうかに関わらず「起業したい」「独立したい」これらは誰もが一度は考えたことがある言葉です。 ただ、「どんな 事業にするのか」「なぜ、独立したいのか」「起業や独立どのスタイルにすべきか」と突き詰めて考えると、明確な答えが出てこない、ということもよくありま す。家族や友人など周囲の人や、ビジネスパートナーとの関係を考えれば、起業の動機を明らかにし、確信が持てるレベルまで高めておくべきです。

まず「独立しよう」「起業はどうか?」そう考えたきっかけを深堀りしてみてください。

「景気が悪く、会社の業績も悪いから」「自由な時 間を持ちたい」「以前から起業・独立にあこがれていた」「早期退職募集の機会があった」「知人が最近フランチャイズで始めて自分にもできそうだ」「自分の 店を持ちたい」など様々と思います。

動機の出発点は何でも構いませんが、独立・起業をすることが実際に可能なのか?自分や家族は幸せになれるのか?についてあらゆる可能性を考えておいてください。資金や不動産など、起業・独立には様々な資源が必要になりますが、まずは自分の起業への思いは確かか?家族や周 囲の人に納得してもらい支持してもらえると言えるのか確認しましょう。

独立・起業する上では、実はここでどれだけ考えられるかが重要になってきます。

特に安定した売上、利益を確保できるまで支えとなるの は、家族や応援してくれる人、自分の動機の強さ、といったことだからです。信頼できる人にも思いをぶつけてみたり、書籍やインターネットの情報に触れながら考えを深めてください。そういった点では、余裕を持って検討できるかどうかも重要になります。