FC(フランチャイズ)選びの成功法則(2)経営資源を把握する

公開日:2015年03月24日

20150331111750

記事提供:フランチャイズタイムズジャパン

前回は、フランチャイズ加盟・独立検討の際に最初にやるべきことは「起業する目的の明確化」である、とお伝えしました。見方を変えれば、フランチャイズに加盟し独立することは「独立・成功までの苦労や時間を買う」感覚に近く、そのゴールイメージ、つまり「成功する姿」を加盟者が明確に意識できていなければ、いかなる事業も中途半端になってしまうでしょう。

もっと言えば「このフランチャイズ加盟・独立によって何を得ようとしているか」、つまり会社の利益の源泉となる「ヒト」「モノ」「カネ」「ノウハウ」といった「経営資源」のどの部分を得ようとしているか、それが事業目的達成のためのステップになりえるか、を確認するところから始めるべきだと思います。

「『成功する姿』のイメージはあるが、独立するといっても何から手をつけたらよいか分からない」という段階が、失敗しないフランチャイズ加盟に具体的に着手するスタート段階です。そこで今回は「経営資源を把握する」ということをお伝えしたいと思います。

ご存知のとおり「ヒト」「モノ」「カネ」「ノウハウ」といった経営資源は、会社の利益を生む源泉となります。経営者はこれら経営資源を「最大化」し「最適配分」することが仕事になります。

「事業目的」とは「成功する姿」のことですが、もっと生々しくいうと「どれだけの経営資源を保有していて、有効に活用しているか」だと思います。実はフランチャイズ加盟して独立する選択は、目先の売上、利益を獲得するだけでなく「経営資源を効率的に獲得する方法」でもあります。

事業目的に照らして、自社はどの経営資源が足りないかをしっかりと把握し、不足を充足させるために、どのようなフランチャイズに取り組むか、ということが、加盟検討の最初の段階となります。それを一つずつ解説いたします。

経営資源を把握する

「ヒト」:人材の数、人材の質に課題を感じている

「誰でも知ってる有名チェーン」と「1店舗しかない店舗」と比べて、就職希望者数の大多数は前者になるでしょう。またフランチャイズ本部は「人材育成」について力を注いでおり、加盟前の研修はもちろん、その後のスタッフ教育にも、多くの時間とコストを割きます。独立を考える際、加盟によって得られる教育研修の機能を有効活用するのは、賢い考え方です。

「モノ」:店舗物件などの不動産を増やしていきたい

「フランチャイズで店舗ビジネスをどんどん展開していきたい」と考えたら、「物件」についての知識・情報を得る努力をしなければいけません。「業態選び」より「物件選び」を優先することを念頭に取り組んでいる企業もあるほどです。不動産業者やデベロッパーから提供される、レアな物件情報は、通常、完全にゼロから独立をした個人店の手元に届く前に、取引先として安心なチェーン店に流通します。独立の際にまだ誰の手にも渡っていない優良物件情報を得るには、フランチャイズ加盟は最良な手段なのです。

「カネ」:売上、利益、現金を増やしていきたい

独立してビジネスを興す際には儲けなければなりません。独立したときに売上を増やすのは、高いブランド力・業態力・商品力で新規顧客を獲得し、高い接客力でリピートさせていくことの積み重ねです。独立しても利益を増やすには、管理可能な経費の大部分である「原価率」「人件費率」を低減させる仕組みが必要です。売上、利益を最大化する努力の結果、現金を増やしていくことができます。また、資金調達についても、個人店としてよりは、すでに実績のあるフランチャイズに加盟して独立するほうが有利です。借入のリスク<事業のリターン、の式が成り立つと確信できるフランチャイズ本部での独立なら、躊躇無く借入をして、ビジネスに投資していくことができます。

「ノウハウ」:店舗運営ノウハウ、ビジネスノウハウを得たい

「経験」は大きな財産です。経験がない状態で独立しようとすると、常に考えたり、試行錯誤を繰り返す、無駄な時間が発生します。しかし、経験をカバーするために、すでに成功を収めた経験者、すなわち本部から独立するための「ノウハウを買う」ことができます。「落ちなくてもよい落とし穴」にわざわざ落ちるようなことをせず、経験者の方法に習い、店舗運営をすることは賢い選択です。また、将来、ゼロから独立してフランチャイズ本部展開を目指す方も「加盟店としての独立経験」なくして、フランチャイズビジネス展開は苦難を強いられるでしょう。実は多くの本部が「フランチャイズ加盟店としての独立経験がある」という事実を頭に入れておくべきです。

このような経営資源を獲得する上で、どのフランチャイズが自社の不足を充足させられるか?という点からも加盟を検討していきましょう。加えて、加盟して独立することで「信用」という財産も手に入れることができます。

「信用」:ブランド力が欲しい、パートナーや人脈を増やしたい

中小企業と大企業。その大きな違いは「信用力」にある、と言われます。誰でも知っている、株式上場などでパブリックな会社になっているなどの「信用力」は、新規取引先を増やし、新規採用を増やし、資金調達もできる。その結果、業績を加速成長させています。
大手企業に負けない商品力、人材力を持っていても「信用力」が不足するがために、伸び悩んでいる中小企業に対し、チェーンブランドという「信用」を得ることができるフランチャイズでの独立・起業をお勧めするのは、ここに大きな利点があるからです。

こだわりを持って一からブランドを立ち上げて、市場から信用を得るまでの「ビジネス導入期」の苦労は並大抵ではありません。反面、「すでにある信用力」をフランチャイズ加盟によって得ることで、導入期を難なくクリアーしていった上で、新しいチャレンジをしていくのとどちらが賢い選択でしょうか。

さらに、独立する際にブランド力があれば、ビジネスパートナーという人脈構築が容易に行えます。言うまでも無く、人脈は大きな財産です。最大のビジネスパートナーとなるFC(フランチャイズ)本部を選び、信用あるブランドを得れば、中小企業経営の大きな飛躍のチャンスになることは間違いありません。

中小企業の「やる気」と「能力」を合理的に発揮できる仕組みがフランチャイズシステムなのです。

山口晃二(やまぐち・こうじ)

株式会社フランチャイズタイムズ・ジャパン代表取締役

アメリカ最大手のフランチャイズ業界誌の日本版を展開。事業意欲ある経営者に対し、最適なフランチャイズ情報の提供と出店サポートを行なうことで、加速的な事業成長戦略を提案、支援する。