【フランチャイズ成功のコツ】フランチャイズを利用するメリット

公開日:2015年03月24日
20150331224312

起業にあたっては全てを独力で行う以外にフランチャイズを利用する方法もあります。フランチャイズを利用するメリットとしては 、一般的に広く知られているチェーン名、サービスマークやイメージを利用する事で、起業時から消費者からの信頼を得ることができる点です。やはりロゴマークや、よく知った、あるいは利用経験のあるブランドの力は非常に大きなものがあります。この消費者からの信頼が起業時から手に入るというのがフランチャイズの大きなメリットの一つと言えるでしょう。

  • ・独立前に事業経験がなくてもフランチャイズ本部の指導の下、起業することができる。
  • ・独立時には特に重要な税務・会計・法務など、あらゆる分野の経営指導をうけることが出来る。
  • ・FC本部が今まで蓄積してきた実績と経験、ノウハウに基づいて起業出来るので、個人で一から起業するよりも成功率が高い。
  • ・FC本部が大量に仕入れ、また生産した質の高い商品や材料を安定した安い価格で購入することができる。
  • ・起業するための物件を本部に調査してもらうことで、妥当性をはかれる。
  • ・広告、宣伝は個人でやるよりも、本部と連携することでスケールメリットを活かした効果的な販促活動が可能となり得る。

上記のメリットの一方で、せっかく起業したのに、やりたいことをやりたい様には出来ないなどのデメリットもあります。起業時にはこのメリットとデメリットをよく考え併せて、自分のやりたいこととのバランスが取れるのかという視点で、起業の1つの方法としてフランチャイズの活用を検討するのも効率の良い起業につながるのではないでしょうか。最初は関心の低いフランチャイズ(FC)であっても広く情報収集を行うのも良いでしょう。

一言で起業といっても業種、業態、規模、開業資金、地域、店舗の有無で開業の形も様々です。起業には”今この時”というタイミング、思い切りも大切ですが、出来る範囲で事前に最大限、情報を収集しておくのが、後悔のない起業のためには重要です。