他店とは一線を画す「フレッシュネスバーガー」で安心フランチャイズ

公開日:2015年04月22日
20150425105534

ハンバーガーの完成形を開発した「フレッシュネスバーガー」

「フレッシュネスバーガー」は、採算を度外視した天然の食材のみを用いて、あるべき姿のハンバーガーをひたすらに求めて開発する試みからスタート。調理方法や店舗もアメリカンテイストを意識した強いオリジナル色を打ち出し、見事全国に150を超える店舗を持つまでに成長しました。

ブランドイメージは「大人がハンバーガーを片手に羽を伸ばせる空間」。おいしさと健康維持を兼ね備えたハンバーガーを一つ一つハンドメイドしているのが「フレッシュネスバーガー」です。

開業の準備は研修も含めて本部のノウハウに頼りきって万事OK

フランチャイズ加盟にあたり、自己都合に合わせた出店形態をとることが可能です。さまざまな実績をもつ本部は、不安に駆られることなく開業をできるように微細なことまで手厚くバックアップします。

研修制度も充実しており、およそ3週間をかけて店舗経営に必要な知識・技能を習得。その後、実際の店舗でシミュレーションを兼ねた最終調整を行います。

開業前には、出店地域などを鑑みながら、どのような経営状態が想定されるのかも本部のノウハウによって提示できまる仕組みを確立、オーナーにとっては心丈夫です。

本部との分業によって合理化、オーナーは店舗の運営に専念

「フレッシュネスバーガー」のブランドとチェーン全体を底上げすべく、販促や商品開発の一切を本部が担います。各店舗へのコンサルティングにも定評があります。

起業家としての自覚をもつオーナーに、運営のベースを敷くのが本部の職務です。加盟店と本部の分業体制によって他店を凌駕する飲食店を目指して共に発展していきます。