外国人観光客にも人気牛丼の「吉野家」フランチャイズ経営で開業

公開日:2015年06月27日
37f51852af9dc38c

牛丼の「吉野家」フランチャイズ経営・気になる年収

吉野家ホールディングスグループは「国内吉野家」を始めとして日本そばをメニューに加えた「そば処吉野家」や出来立ての惣菜、弁当を販売する「おかずの華」という業態でもFC展開しています。はの中核を担っています。

「国内吉野家」の従来からある牛丼専門店舗はロード店に、ドライブスルーの設置するなどして時代のニーズに応える対応を行っています。牛丼の「吉野家」本部の企画力でFC店舗オーナーの経営を力強くサポートし売上アップに繋げています。

安定年収の魅力牛丼の「吉野家」のブランド力とは

キャッチフレーズ「うまい、やすい、はやい」「牛丼」はは吉野家のブランド力を打ちたて揺るぎのないものにしました。吉野家マインドの源泉であり、フランチャイズ展開においてもベースとなる価値観です。

看板商品の「牛丼」のこだわりは、赤身と脂身が混じり合った部位の牛肉を使用。甘みと食感にも優れた品種の玉ねぎ。独特の旨さの「たれ」は白ワイン由来の発酵調味料を使って生産されるオリジナルです。本部の安定した食材供給がFC店舗オーナーの経営を支えています。

年収安定に親身なバックアップ牛丼の「吉野家」

"開店前にはFC店舗従業員候補2名以上に「吉野家」フランチャイズ本部が実施する3ヶ月間の事前教育が行われます。

一定の習熟度に達したと認定されるまで研修期間が延長される厳格な制度を採用しています。オープン後はFC本部のスーパーバイザーによる定期的な巡回店舗訪問により経営・運営の点検・FC店舗オーナー指導が実施されます。
"