「日本社宅ネット」フランチャイズで社宅アウトソーシング事業に参入

公開日:2015年08月22日
0ce22fe8a7e47d04

「日本社宅ネット」メリットが見逃せないFCオーナー開業

日本社宅サービス株式会社が運営する「日本社宅ネット」は各企業の社宅制度をアウトソーシング化するサービスを提供。社宅制度の有無や内容は新卒就活生が志望企業を選択する際に気にかける条件の高位にランクされます。会社側にとっては福利厚生の一環として社員に提供すべき社内制度でありながら経済的・人的負担が大きいものです。

社宅制度のアウトソーシング化によって福利厚生費のコストダウン、制度の充実によって社員の満足度の向上、本来業務への企業リソース集中による業績の向上効果が得られます。

企業経営に寄与する「日本社宅ネット」FCのサービス事業

社宅制度のアウトソーシング化による大きなメリットにより「日本社宅ネット」のアウトソーシング化サービスを利用する企業が増えています。「日本社宅ネット」は各地で「社宅」となる物件を供給、転勤者を迎え入れるトータル・サービスを実施する加盟店・認定店を募集。既に352店が活動しており顧客企業の社宅制度運営を代行しています。

加盟店・認定店では本部からの依頼により必要な物件を探して所有者と法人契約を結び着任日までに確実に入居できるように手はずを整えます。加盟店・認定店にとっては確実な手数料収入が得られる法人契約取り扱いのメリットが享受できます。

厳しい本部管理が維持「日本社宅ネット」法人向け高品質サービス

「日本社宅ネット」は、高品質なサービス・ネットワークを構築するために、加盟店・認定店に対して厳しい加盟・認定基準を設けています。具体的には、社会的な信用を得られていること、ルールとマナーの厳守、本部主催の集合研修やセミナーへの参加などです。また正しい税務申告や本部への経営報告、営業方法の統一なども求めています。

加盟後も基準のクリア、サービス品質の維持について定期的に審査が行われ、企業向けサービスとして企業の福利厚生制度を代行する高品質のサービスを提供できる環境を整えています。