「放課後等デイサービス」のフランチャイズは市場を独占した安定経営が魅力!

公開日:2015年06月17日
F90d858649502892

放課後等デイサービスは国の給付金で運営できます

放課後等デイサービスは、障がいに悩む親子をサポートする施設です。総量規制前に指定を受ければ過剰な競争なく市場を独占でき、安定した経営が行えます。また、国の給付金で運営できるのも魅力の一つです。

発達障害に対する意識の高まりから今後も市場拡大が予想されます。国で障がい者支援の法整備が進められるなどしており、民間の委託を推進している今が参入のチャンスです。

放課後デイサービスは保護者のニーズに沿ったカリキュラムを用意

保護者のニーズは、日常生活の支障を減らし将来の自立を目指す事です。放課後等デイサービスは単なる預り所のような所ではなく、社会性、生活、学習、身体の4つのテーマでカリキュラムを用意し、障がいに悩む子供達を支援しています。

もちろんカリキュラムはお子様に合わせて組まれたものです。グループワークなどを経験しながら楽しい時間を過ごし、なおかつスキルを少しづつ習得していきます。その結果、コミュニケーション能力を高める事ができるのです。

放課後等デイサービスは保護者のニーズに合った支援方法でお子様の自立を支援しています。

放課後等デイサービスは1事業所あたり年商3200万円!

放課後等デイサービスは国の認可事業のため市場を独占して安定した運営が可能です。さらには国からの給付金で、半年で単月黒字化、2年強で投資回収が可能です。1事業所あたり年商3200万円を収益モデルとしています。

では、継続して利用者があるのか?と不安に思う方もいると思いますがその心配はありません。その地域で実績や評価の高い事業所に優先的に紹介があるのです。施設側は質の高いサービスレベルを維持すれば継続的な紹介と長期的な利用が見込めます。その結果、安定した収益につながるのです。