パン好きには堪らない「リトルマーメイド」FC経営の魅力

公開日:2015年06月30日
1a21ee106a5e250b

「リトルマーメイド」FCオーナーの年収はどれくらい?

「リトルマーメイド」は1972年に一号店がオープン以降、焼き立てパンの提供というコンセプトが支持され現在、全国で327店舗を展開しています。

基本のパンから、デニッシュ、調理パンなど、多彩なパンが店頭に並んでいます。「マーメイドベーカリーパートナーズ」がフランチャイズ本部として運用。

同社は「リトルマーメイド」の他に「カフェデンマルク」、「マーメイドカフェ」など、パンをメイン食材とした飲食店ブランドをフランチャイズ展開しています。ベーカリ系FC運営のノウハウが注ぎ込まれた各店舗の経営に貢献し売上を伸ばします。

期待できる安定年収の源泉「リトルマーメイド」の秘密とは

「リトルマーメイド」のフランチャイズシステムを支えているのは「マーメイドベーカリーパートナーズ」が日本で始めて開発導入した冷凍パン生地を核にした画期的なベイクオフシステムです。

工場で成形まで終えたパン生地を店舗では焼くだけというシステムで、顧客に焼きたてパンを提供できるようになりました。

パン職人の修行をせずとも美味しいパンが焼ける、豊富な種類をタイミングよく提供することが可能になるなど副次的なメリットも活用できます。以降ベイクオフシステムの導入が功を奏しFC店舗の経営・売上に貢献しています。

安定年収に貢献するバックアップ「リトルマーメイド」

「リトルマーメイド」のフランチャイズ開業は本部の積極的な指導で円滑に進めることができます。マーケティングや店舗設計、研修やトレーニングまで、開店に向けたプランニングが提供されます。

開店後も運営担当者が加盟店と緊密にコミュニケーションをとりながら課題の具体的な目標を設けオーナーが経営・運営を安心して見守ることができるシステムが整備されています。