安くてうまい!とんかつチェーンの代表格『かつや』フランチャイズ

公開日:2015年04月22日
20150427194320

かつやフランチャイズの武器、500円を切るリーズナブルな価格

「とんかつ」は日本の代表的な料理でありながら、ラーメンのようによく食べられる外食というわけではありませんでした。その理由は値段が高いから。もっと安ければヒットするのではないかという発想で生まれたのが『かつや』です。

とんかつ専門店と同レベルのものを、7割の価格で提供するというコストパフォーマンスの良さで、全国にフランチャイズ展開しています。中でも500円を切る「かつ丼」は安くてうまい「かつや」のシンボル的ヒット商品となっています。

フランチャイズでも同じ美味しさを。食材にこだわる『かつや』

『かつや』のとんかつは安いだけではありません。肉・衣・米にそれぞれこだわりがあります。

肉は北米から仕入れた、厳格なチェックに合格したもののみを使用。食品の安全への関心が高まる中でも、フランチャイズ店、顧客の両方にとって安心です。

衣に使われるパン粉は原料や製法にまでこだわった生のパン粉を使用。とんかつならではのサクサクとした食感を生み出すことに成功しています。

米は各地域にあわせた「かつや米」と呼ばれるブレンド米を使用。入手しやすく、それでいて美味しいご飯を出しています。

低価格で不況にも強い『かつや』フランチャイズ

『かつや』がこれほど長い間存続してこれたのも、不況に強く、流行に左右されない体質があるからです。フランチャイズするのにぴったりな体質です。

コストパフォーマンスが良い商品は、不況の際にも売れなくなることはありません。逆に不況の時ほど人気を集めやすいとも言えるでしょう。これは低価格路線の『かつや』ならではの強みです。

また、「とんかつ」は日本に古くからある料理ですので、ある種のファーストフードやラーメンのような流行り廃りがありません。流行に左右されないため、長期に渡った安定した経営が望めるのです。