メディア中古買取販売「マジカルガーデン」でフランチャイズ店開業

公開日:2015年08月15日

Ffe209eafa001d6a

「マジカルガーデン」FCオーナーの開業はハウマッチ

いまじん白揚グループは、書籍・テレビゲーム・CD・DVDなどのメディアをメインに取り揃えたエンターテイメントショップ。専門書や絵本を初めとする児童書なども幅広く取り扱い。各店舗共通のメンバーカードを発行し顧客囲い込みも測っています。

「マジカルガーデン」はいまじん白揚グループのフランチャイズ・ブランド。中部地方を中心に、京都や香川県まで店舗展開をしています。

FC本部の企画力と実行力が夢をかなえる「マジカルガーデン」で開業

「マジカルガーデン」では、各従業員が「お客さまだったら、どうしてほしいのか」を考えて、行動しています。マニュアルに載っていない、答えのないサービスを提供する事こそが「小売業の原点」として重要視しているのです。

いまじん白揚グループが展開する業態は、「マジカルガーデン」のようなエンターティメント・アイテム販売の他にカフェなどもあります。

顧客から学ぶ「マジカルガーデン」FCの進化の方法とは

「マジカルガーデン」は小売業の原点である「親切」というキーワードを大事にしています。そのためには感性を磨く~変化している顧客の多様なニーズに気づき対応できる嗅覚と行動力が求められます。

変化が大きいエンターティメント・アイテムを取り扱うには、顧客が見せる僅かな変化を見逃してはなりません。親切な接客によって顧客の変化を感じ取る日々の観察や行動によってニーズの先取りを行い新しい提案が可能となります。